山形|運転手の求人-山形市|看板|介護|引越し|山形運送|クリーン引越センター|楽器運搬|JRコンテナ

 
 

山形陸運(やまがたりくうん)株式会社からのお知らせ

山形陸運(やまがたりくうん)株式会社からのお知らせ
 
ドライバー募集 継続中
2018-12-01
 
・・正社員ドライバー・・
 
経済産業省より「健康経営優良法人2018」に認定。
山形県内の運送会社では3社のみです。
 おかげさまで応募者が増えていますが、充足していません。
 
 
詳しくは、「社員求人情報」をクリックしていただくか、
 
スマートフォン・携帯利用の方は
→ 携帯 をクリッククリックしてください。
 
を参照お願いいたします。
求人担当 電話023-633-2111 総務課長代理 加川まで
お気軽にお問い合わせください。
 
山形税務署より表敬状
2018-11-21
 平成30年11月20日山形税務署の夏井署長様が来社され「優良申告法人」として、佐藤社長に表敬状が贈呈されました。当社を担当して頂いている三和会計事務所、公認会計士・税理士の奥山直紀様にも同席いただきました。
税務署より非常に厳格な基準の上で認定されたことの説明を受け、大変栄誉なことと感じております。
今後も適正な申告及び納税に努め、より一層地域社会に貢献できるよう邁進してまいります。
<優良申告法人とは>
優良申告法人とは、『申告納税制度の趣旨に即した適正な申告と納税を継続し他の納税者の模範としてふさわしいと認められる法人』のこと。
「優良申告法人」の証「表敬状」
 
業界新聞に「健康経営セミナー」紹介
2018-11-20
業界新聞「物流ニッポン」に「YBC健康経営キックオフセミナー」のパネリストとして出演した佐藤社長の記事が掲載されました。
物流ニッポン新聞社 2018.11.19
 
第24回 OBOG会総会開催
2018-11-11
第24回 OB・OG会
 平成30年11月11日(日)午後1時30分より山形国際ホテルに於いて、第24回OB・OG会総会が開催されました。会員190名の内33名の参加者がありました。会社からは佐藤社長、塩野常務取締役、片山取締役総務部長、長谷部取締役営業統括部長、鏡取締役が来賓として出席しました。
 小松正明さんと服部文子さん、お二人の司会で、始めに中川幸雄さんが開会の挨拶、物故者への黙祷と続き、世話人を代表して石川哲雄さんが挨拶を行いました。
 佐藤社長からは、
・会社の経営状況について
・今年度、特に力を入れて取組んでいること
・陸運興業への車検や整備、保険加入のお願い
「人手不足や燃料高により厳しい経営環境ですが、先輩の皆さんが苦労して築き上げてきた山形陸運の名前を汚すことなく、さらなる発展を目指し、努力をいたします」と挨拶がありました。引続き来賓の紹介、参加者の紹介が行わました。
 片山取締役総務部長から、会社の現況と題して「健康経営の取り組み」の話がありました。
 乾杯は、鏡貞一取締役の発声で行われ、懇親会が開始されました。近況の報告や懐かしい想い出話で楽しく語う中、自慢のカラオケなどが披露されました。
 境啓さんが「また来年、元気にお会いしましょう」と閉会の挨拶を行ない、 盛会の内に終了しました。
 今回、参加できなかった会員の皆様には、次回のご参加をお待ちしています。
 
YBCキックオフセミナーに出演
2018-11-05
 山形県とYBC山形放送が共同で主催する「健康経営キックオフセミナー」が11月5日山形ビッグウイングで開催され、160名の出席がありました。
 第1部講演では、東京大学政策ビジョン研究センターの古井祐司特任教授が「働き盛り世代への健康投資は地域を活性化する」と題して講演がありました。
 第2部 パネルディスカッションでは、健康企業に取り組んでいる3社(当社・株式会社ジェイ・サポート・社会福祉法人敬寿会)が発表を行いました。
佐藤社長がパネラーとして出席し、健康経営の取組みを紹介しました。始めたきっかけや苦労したこと、取組みの効果として、「人材の確保・離職率の低下・企業のイメージアップにつながった」こと等を発表しました。講評で、古井教授からは、取組み内容にお褒めの言葉を頂きました。
 第3部 お笑いコンビ・カラテカの入江慎也さんによる「みるみる距離が縮まる!入江流コミュニケーション術」の講演がありました。
11月6日山形新聞朝刊記事
 
「山形県トラック協会」トラックの日イベント開催
2018-10-15
トラックの日イベント

 平成30年10月14日(日)午前11時30分より「トラックの日イベント」が開催されました。山形県トラック協会の会員とその家族をはじめ一般の方々など約500名の参加者がありました。

 平成17から昨年まで13年間「トラックの森・植樹会」を開催してきました。2.75hの土地に植樹したのは、ミズナラ ブナ トチノキ イタヤカエデ ヤマボウシ オオヤマザクラなど7,500本の森づくりに貢献できました。
 今年は、新「山形県トラック協会 総合会館」敷地内で盛大に行われた。加川操一会長の挨拶に続き、数多くのアトラクションを実施しました。ディーオ君(モンテディオ山形のマスコット)とのジャンケン大会・トラックのつなひき・天童高校ダンス部の演技・芸工大川口研究室「TAISIN」の皆さんの太鼓の演奏・バケツリレー・ビンゴ大会・<募金>・炊き出し(各支部のオリジナルのカレー)・山形名物「いも煮」・玉こんにゃく・バルーンアート・子ども免許証の発行・交通安全教室・防災グッズコーナーなど。開催の準備、会場設営等を担当していただきました皆さん、大変ありがとうございました。

 

イベントの様子は動画で見られます。
 
山形労働基準協会H30年度「安全標語」に入選しました
2018-10-01
標語「安全は 気付きと予知の 積み重ね」
 同協会・産業安全部会主催の、安全標語に社内作品を応募した結果、従業員の部で コンテナセンター事務の 大宮 友美 さんの作品が「特選」に選ばれました。
<標語> 
「安全は 気付きと予知の 積み重ね」
 
「健康経営の取組み」が紙面紹介
2018-09-20
 平成30年9月19日山形新聞朝刊に、当社の「健康経営の取組み」が紹介されました。
2018.9.19 山形新聞 朝刊
 
第5回 運転技能競技会
2018-09-15
  平成30年9月15日午前8時より、「第5回運転技能競技会」が開催されました。
各営業所から選抜された12名の選手が集合、社長より開会の挨拶があり、8:20 嶋津営業部長の開始の合図で学科試験が開始。試験時間は1時間、問題は広範囲から出題され、運行管理者試験に匹敵する内容です。その後、会場を屋外に移動し車輌点検とホーム付けの競技を行いました。
車輌点検競技は点検時間が13分。長いようで、あっと言う間に時間が来てしまいます。ホーム付競技は制限時間が2分以内、荷台とホームとの距離を競うもの。 今年から途中に縦列移動が加わり難度がアップ、距離感は経験だけで計り知れないような気がします。
選手はそれぞれ、営業所で練習を積んで競技に臨んでいます。果たして、練習の成果を発揮させることができたでしょうか。
終了後に表彰式が行われ、学科、車輌点検、ホーム付の総合1位に輝いたのは、吉野石膏の今野清昭ドライバー、社長より優勝カップと副賞が授与されました。 なお、総合5位までと、各部門の1位に副賞が授与されました。

  成績は次の通りです。(敬称略)
総合
第1位 吉野石膏 今野 清昭
第2位 本社営業所 中野 大輔
第3位 山形南2課 佐藤 正人
第4位 本社営業所 髙坂 諒汰
第5位 本社営業所 元木 丈仁

学科試験
第1位 吉野石膏 今野 清昭
第2位 本社営業所 中野 大輔
 
車輌点検
第1位 吉野石膏 今野 清昭
第2位 本社営業所 中野 大輔
   〃    山形南1課 柴崎 綾
 
ホーム付競技
第1位 山形南1課 宇津井 健二
第2位 山形南2課 枝松 吉広
大会の様子を動画で見られます。 こちらをクリックして下さい。
→ 動画 
 
 
業界新聞に「健康企業応援私募債発行」が紹介
2018-08-16
2018.8.13 物流ニッポン新聞社
 業界新聞「物流ニッポン」に「健康企業応援私募債」発行記念プレート贈呈式の記事が掲載されました。
 
山形陸運株式会社
〒990-0071
山形県山形市流通センター4-1-2
TEL.023-633-2111
FAX.023-622-9982
 
クリーン引越センター
TEL.0120-13-1254
────────────
■貨物自動車運送事業
■貨物運送取扱事業
■JRコンテナ扱
■倉庫業(常温・低温)
■引越、引越荷造り
■楽器運搬
■事務所工場移転 
■重量物移動運搬
■損害保険取扱業
■産業廃棄物収集運搬業
■労働者派遣事業
■不動産賃貸業
■古物買取業
────────────
qrcode.png
https://yamagatarikuun.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

159616
<<山形陸運株式会社>> 〒990-0071 山形県山形市流通センター四丁目1番地の2 TEL:023-633-2111 FAX:023-622-9982